FOSSIL Q EXPLORISTのバンドを交換してみた

Q EXPLORISTバンド取り外し ガジェット
おしゃれなandroid wearのFOSSIL Q EXPLORISTをレビュー
見た目は普通の時計と変わらないFossil Q EXPLORISTのレビューです。外観や電池持ち、数ヶ月使った感想を紹介します。

以前紹介したFOSSIL Q EXPLORISTでは簡単にバンドを交換することが出来ます。

1分かからずに交換することが出来るので、スポーツする時や遊びに行く、仕事に行く時でもシーンに合わせたバンドに変えていけます。

今回はそんなFOSSIL Q EXPLORISTのバンド交換方法や対応バンドの紹介です。

スポンサーリンク

対応バンド

FOSSIL Q EXPLORISTはイージークリックという規格のバンドが採用されています。このイージークリックはバネ棒などの器具は不要で3秒でバンドを取り外すことが出来ます。

そしてFOSSIL Q EXPLORISTTでは22mmのバンド幅となっています。

購入する時に確認するのは「イージークリックに対応」と「22mm」です。他のFOSSIL Qでは特に女性用はバンド幅が18mmだったりするのとイージークリック自体に対応しているのか確認してから購入する方がいいですね。

バンドの交換方法

では実際にバンドを交換してみましょう。

バンドの取り外し

Q EXPLORISTバンド取り外し

バンドと時計の結合部にはピンタブ(赤丸の部分)が付いています。

このピンタブを内側にスライドするとピンタブが付いている側の支えがなくなるのでこちらから外すことが出来ます。ピンタブ側を外したら反対側の伸びたピンを折らないように外しましょう。

外すのはこれだけです。慣れると3秒もかかりません。

また、交換は片側ずつやるとバンドを付ける時に向きどっちだっけ?ってならずに済みます。

スポンサーリンク

バンドの取り付け

Q EXPLORISTバンド取り外し

取り付けは外した手順を反対にするだけです。

ピンタブをスライドさせ反対側のピンを伸ばします。伸ばしたピンを穴に入れたらピンタブ側を結合部に合わせます。

穴に合うとピンが勝手に入るのでこれで取り付け完了です。

上下のバンドの交換に合計1分もかかりませんでした。

おすすめの対応バンド

ランニングやスポーツに使えるシリコンバンド

【TON CHARME】トンチャーメー 腕時計用ベルト シリコーン イージークリック Watch Band ワンタッチ腕時計バンド ステンレスバックル 防水防汗 スポーツ 柔らか 18/20/22mm (22mm, ブラック)
TON CHARME(トンチャーメー)
¥1,480(2020/06/28 04:40時点)
ラグ幅(ベルト取り付け部の幅):22mm 尾錠幅:22mm 長さ:親側約 75mm 剣先約 123mm 厚さ約:2.5mm;ご注文の前に現在アタッチメントのポイントのストラップバンド幅を測定する。

今回の交換記事で購入したバンドがこちらです。

ランニングやスポーツで汗を書いても安心ですね。

また、色が豊富なのもポイントが高いです。

付属の革バンドを変えたい時の革バンド

時計バンド イージークリック レザー 本革 時計 ベルト レトロ ビンテージ 大人 渋い EMPIRE Ricardo リカルド ブラウン 22mm
CYBER EDGE,Inc.(サイバーエッジインク)
¥3,630(2020/06/28 04:40時点)
素材:オイリーカウハイド | 尾錠:ステンレス

付属の革バンドは結構固めです。使っている内にやわらかくなってきますが、最初から柔らかい革バンドが使い方や革バンドを変えたい方はこちらをどうぞ。

スポンサーリンク

夏に向けてのメタルバンド

夏になると革バンドでは汗を吸ってしまいます。汗をかく時期にはメタルバンドに変えたいですね。

まとめ

シリコン、本革、メタルと各種バンドを紹介しました。

この3種類さえ持ってればどの時期、どの場面でも柔軟に対応出来ると思います。せっかくのおしゃれなスマートウォッチですし、うまく使い分けていきたいですね。

最後となりますが、交換用バンドを購入する時はイージークリックに対応しているかとバンド幅をしっかりとご確認下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました